FC2ブログ

(173) 函館本線 張碓

はりうす
 朝里~銭函間にかつてあり、平成18(2006)年3月18日に廃止されました。駅の近くに人家はなく、夏の海水浴客くらいしか利用がなかったためか、平成2(1990)年から7月1日~8月31日の期間のみの営業となり、更に、平成10(1998)年7月1日から休止しました。
 画像は、休止中に車内から撮影したもので、まだ右手上り線側に駅舎が健在でした。
173張碓20050623
撮影日2005-6-23
スポンサーサイト



(172) 阪急電鉄 宝塚線 服部

はっとり
 平成25(2013)年12月21日に服部から服部天神に改称されました。観光駅名化したとも言えますが、実は、明治43(1910)年3月10日に阪急宝塚線の前身、箕面有馬電気軌道が開業した時には服部天神と名乗っていましたから、約100年ぶりに先祖返りしたことになります。服部に改称した期日は定かではありませんが、およそ明治末から大正初め頃ではないかと推測しています。
172服部20110531
訪問日2011-5-31

172服部天神
訪問日2013-12-21

(171)  富岩鉄道 薬専校前

やくせんこうまえ
 富山ライトレールの前身富山港線が買収される前の富岩鉄道時代、昭和8(1933)年7月7日に、富山口~下奥井間に開業しました。富山起点 1k425の越原(こしわら)踏切に接した北側、線路の西側にホームがありました。民家の裏にごく僅かながら敷地が残っていますが、特に遺構などなく、列車に乗っていると気付かずに通り過ぎてしまいそうです。

薬専校とは、戦後の富山大学薬学部の前身、官立富山薬学専門学校のことです。当時の駅周辺は下宿などが多くあり、また駅の東方には大正製薬の工場がかつてあり、通勤・通学者の利用が多かったそうです。
 富山電気鉄道に合併されすぐに富山地方鉄道の一部になったものの、すぐに買収されて国有鉄道富山港線となりましたが、その昭和18(1943)年6月1日に廃止されました。

 今では工場も移転し、薬学部も富山医科薬科大学となり移転、跡地は住宅地になっています。
171薬専門校前
訪問日2003-8-15

(170) 富山港線 富山港(貨)

とやまこう
 富山ライトレールの前身富山港線の大広田から分岐していた海陸連絡の貨物専用線で、昭和61(1986)年11月1日に廃止されました。展望台から北望したものです。左側は入り江になっています。
170富山港_1

170富山港_2
訪問日2003-8-15

(169) 西濃鉄道 美濃大久保

みのおおくぼ
 昼飯線の途中駅で、ここでスイッチバックをしていました。画像は終端を北望したもので、右手前が美濃赤坂方面、左手前が昼飯方面です。
169大久保

訪問日2007-9-4

(168) 西濃鉄道 昼飯線 昼飯

ひるい
 現在は美濃赤坂~猿岩間の市橋線しか営業していませんが、平成18(2006)年3月31日までは、美濃赤坂~昼飯間1.9Kmの昼飯線が存在しました。その終点です。画像奥が石灰石の積卸し設備です。

168昼飯
訪問日2007-9-4
プロフィール
廃止路線だけでなく、現役路線の中にも人知れず廃駅が眠っています。そんな廃駅の現況や歴史を、ご紹介したいと思います。

hossy

Author:hossy
廃駅ではありませんが、改称されて消え去った駅名も、取り上げたいと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR