FC2ブログ

(159) 飯山線 〔旧〕飯山

いいやま
 北陸新幹線が平成27(2015)年3月14日に、長野~金沢間を開業した際に飯山駅を設置しましたが、飯山線の既設駅が北へ250m程離れていたため、新幹線直下へ移設されました。これだけの移転ににもかかわらず、営業キロの変更は実施されませんでした。駅跡は道路となりました。
159飯山_1
訪問日2014-4-23

159飯山_2
訪問日2014-4-23

159飯山_3
訪問日2015-6-27
スポンサーサイト

(158) 鹿児島本線 〔旧〕枝光

えだみつ
 現在の枝光は高架線上にありますが、複々線化される以前は、北方の地上を走っている現在の貨物線上にありました。昭和41(1966)年10月1日に客貨分離が行われて現在のような姿になりました。旧駅跡を、若戸踏切から門司港方を望んだものです。

158枝光

訪問日2011-1-4

(157) 大分交通通国東線 国東

くにさき
 バスターミナルとなっていて、遺構はそれ程残っていませんが、日通の詰所が当時からのもののようです。この先、更に延長工事をしていましたが完成せず、昭和10(1935)年11月30日に開業した国東が終点のままでした。昭和36(1961)年10月26日の豪雨で安岐川、武蔵川などの橋梁に被害を受け休止、安岐~国東間は昭和39(1964)年9月1日に先行廃止されました。

157国東

訪問日2005-8-22

156) 大分交通国東線 北奈多

きたなだ
 国東鉄道が大正12(1923)年10月5日に奈多八幡(初代)として開業した駅です。昭和8(1933)年7月11日に北奈多に改称すると共に、1.0Km杵築寄りの八幡宮を二代目の奈多八幡に改称しました。戦時中は停車しなくなり、大分交通国東線となった後の昭和26(1951)年2月20日に再開しました。全線廃止の昭和41(1966)年4月1日に運命を共にしました。行き違い設備のない停留場で、ホーム上に画像の待合所がありました。中には手回り品の注意書き残っていました。右側が線路跡、奥が杵築方です。
156北奈多_1

156北奈多_2
訪問日2005-8-22

(155) 近畿日本鉄道 富洲原

とみすはら
 富洲原は川越町豊田に所在していますが、駅名は南に隣接している四日市市富州原町に由来していました。そのため、地元の川越町では改称を要望していて、平成21(2009)年3月20日に川越富洲原となりました。

155富洲原
訪問日2008-8-9

155川越富洲原20090510
訪問日2009-5-10

(154) 神戸電鉄 新有馬

しんありま
 昭和50(1975)年6月15日に休止された新有馬は、道路が近くにありますが、旅館や温泉施設などは現在のところ近くにないようです。長らくホームが残ったまま休止状態でしたが、平成25(2013)年2月28日に廃止されました。奥のトンネルを抜けると有馬温泉で、2011年の撮影は列車内からのものです。現在ホームは撤去されています。
154新有馬19981223
訪問日1998-12-23

154新有馬20110710
訪問日2011-7-10
プロフィール
廃止路線だけでなく、現役路線の中にも人知れず廃駅が眠っています。そんな廃駅の現況や歴史を、ご紹介したいと思います。

hossy

Author:hossy
廃駅ではありませんが、改称されて消え去った駅名も、取り上げたいと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR