(107) 東武鉄道 鬼怒川線 〔旧〕鬼怒川温泉

きぬがわおんせん
 現在の鬼怒川温泉は、昭和39(1964)年10月8日に下今市起点12.4Kmの地点に移設されたもので、旧駅は13.6Km地点にありました。写真は、車内から北望したもので、線路左端に600mポストが写っていますので、駅はその左手にあったと思われますが、痕跡は見出せませんでした。
107鬼怒川温泉
訪問日2009-8-23
スポンサーサイト

(83) 東武鉄道 熊谷線 上熊谷

かみくまがや
 東武小泉線との連絡を目指したものの妻沼までしか開通しなかった熊谷線です。熊谷~上熊谷間は秩父鉄道と併走していました。上熊谷は島式ホームとなっていて、フェンスが設置されていますが、未だにレールが残っています。熊谷線は昭和58(1983)年6月1日に廃止されています。右側は秩父鉄道のホームです。
083上熊谷
訪問日2009-3-22

(81) 夷隅軌道 大多喜

おおたき
 大原・大多喜間に夷隅軌道が開業したのは大正元(1912)年12月15日のことですが、その後、いすみ鉄道の前身木原線に譲る形で昭和2(1927)年9月1日に廃止されました。その夷隅軌道大多喜駅の転車台跡が、80年以上を経た現在も残されています。
081夷隅軌道
訪問日2009-3-20

(80) 足尾線(わたらせ渓谷鐵道) 足尾本山

あしおほんざん
 JRからわたらせ渓谷鐵道に転換した平成元(1989)年3月29日に、間藤・足尾本山間は廃止されましたが、同時に未開業の免許線となりました。観光路線への模索等行われていたようで、実際に、わ89-100形・200形に「本山」の方向幕が用意されており、整理券発行機でも「本山」が出てきました。しかし、構想虚しく平成10(1998)年6月2日免許は失効し、名実ともに廃線となりました。柵が張り巡らされており撮影は困難で、ご覧のような写真しか撮れませんでしたが、腕木式信号機が残っていました。
080足尾本山
訪問日2009-2-15

(74) 日本鉄道(両毛線) 〔旧〕前橋

まえばし
 初代の前橋は、利根川の長大な架橋ができず西岸の石倉地区に、明治17(1884)年8月20日開業しました。そこは当時、前橋ではなく西群馬郡内藤分村だったため、 地元では“内藤分(ないとうぶん)停車場”と呼んでいました。現在、駅跡地から南東約60mの旧国道17号と両毛線交差点に、「内藤分ステーション跡」の記念碑があります。上越線と両毛線の分岐点から100m程直進したところに行き止まり式の駅があり、現在の両毛線上にはありませんでした。明治22(1889)年12月26日利根川に架橋され、前橋は現在地に移転しました。下の画像は、両毛線車内から記念碑を見たところです。
074旧前橋_1

074旧前橋_2
訪問日2009-3-22
プロフィール
廃止路線だけでなく、現役路線の中にも人知れず廃駅が眠っています。そんな廃駅の現況や歴史を、ご紹介したいと思います。

hossy

Author:hossy
廃駅ではありませんが、改称されて消え去った駅名も、取り上げたいと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR