(113) 飯田線 〔旧〕川路

かわじ
 天竜峡~時又間は天竜川の河岸段丘上を走っていたのですが、大規模な治水事業で川岸付近を嵩上げすることになり、旧線は土砂の中に埋没しました。路線の付替が平成13(2001)年4月1日に実施されました。旧駅跡には記念碑が建っています。後方の建物は現川路駅舎です。右手が天竜峡方になります。
113川路

訪問日2009-8-25
スポンサーサイト

(110) ナゴヤ球場正門前(臨)

なごやきゅうじょうせいもんまえ
 ナゴヤ球場の最寄りとして東海道貨物支線上に、昭和62(1987)年7月1日に設置された駅です。硬券乗車券を常備していました。平成6(1994)年10月8日、中日対巨人戦130試合目の最終戦で優勝が決まるという試合が行われた翌日に廃止されています。
110ナゴヤ球場正門前
訪問日1991-10-14

(95) 遠州電気鉄道 笠井線 万斛

まんごく
 難読駅名の一つでしょう。「電気鉄道」を名乗っていましたが一度も電車は走ったことはありません。大正12(1923)年3月26日認可で廃止された途中駅です。言葉としては、「ばんこくの恨み」とか用法としてはありますが、地名としてはここでしか聞いたことがありません。
095万斛
訪問日2014-7-15

(92) 名古屋鉄道 三河線 西中金

にしなかがね
 昭和3(1928)年1月22日の開業ですが、この先足助方面まで路盤の工事は行われていました。よって、駅舎は途中駅の風情です。訪問時、廃止から5年程経っていましたが、駅名標がなくなった以外は現役当時となに一つ変わっていないようでした。
092西中金
訪問日2009-6-13

(91) 名古屋鉄道 三河線 三河広瀬

みかわひろせ
 昭和2(1927)年9月17日の開業と、枝下から一駅ずつ延伸しています。駅舎は地元の物産販売等に利用されているようでしたので、今後も大切に活用されることでしょう。
091三河広瀬
訪問日2009-6-13
プロフィール
廃止路線だけでなく、現役路線の中にも人知れず廃駅が眠っています。そんな廃駅の現況や歴史を、ご紹介したいと思います。

hossy

Author:hossy
廃駅ではありませんが、改称されて消え去った駅名も、取り上げたいと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR