(61) 境線 大篠津

おおしのづ
 米子空港の拡張に伴い、境線は大きく東側へ迂回すると共に、平成20(2008)年6月15日に駅を移転のうえ、米子空港と改称しました。画像は移転3ヶ月前の姿です。
061大篠津_2

061大篠津_1

訪問日2008-3-14
スポンサーサイト

(60) 伯備線 〔旧〕日羽

ひわ
 複線化とショートカットによる移設で生じた廃駅です。現在駅は高架線上にありますが、そこを降りてまっすぐ西へ向かうと、田畑の中に忽然とホームが現れます。昭和31(1956)年5月15日の開業で、豪渓・美袋間の複線化・付替が昭和45(1970)年9月7日ですから、わずか14年ほど使用されたに過ぎません。画像は、伯耆大山方を望んでいます。
060日羽
訪問日2008-3-14

(59) 伯備線 酒津(仮)

さかづ
 倉敷起点2.5Kmの地点にあった仮停車場です。まず、キロポストから駅跡を探し出し、次に地元の古老に聞き取りをして、位置の特定を行いました。ホームは骨組みによる仮設だったそうです。昭和29(1954)年4月1日に開業、同37(1962)年6月1日に廃止されています。近くの公園の観桜のために設置されましたので、特定の日のみ営業したそうです。画像は、酒津県道踏切2K540Mから倉敷方を望んだもので、ホームは線路右手にありました。当時は単線でしたが、溝渠の構造物が下り線のレンガ構造に対して、上り線はコンクリートでしたので、上り線が腹付け線増されたことが分かります。
059酒津
訪問日2008-3-13

(58) 可部線 〔旧〕七軒茶屋

しちけんぢゃや
 ホーム長が3両分しかなかったことから、4両編成の横川方1両はドアを締切扱いしていました。しかし、ホーム両端は踏切道で延長がままならず、そこで、平成20(2008)年3月15日に8K090Mの七軒茶屋踏切を挟んで0.1Km南へ移りました。画像は旧駅舎で、移設と同時に無人化されました。
058七軒茶屋
訪問日2008-3-13

(48) 水島臨海鉄道 〔旧〕倉敷市

くらしきし
 現在地に移転して来たのは昭和56(1981)年4月7日のことです。旧駅は、0.1Km西方にありました。現在地への移転は、おそらく国鉄への乗換えの利便性向上を考慮したものでしょう。画像は西望したものです。
048倉敷市
訪問日2007-3-8
プロフィール
廃止路線だけでなく、現役路線の中にも人知れず廃駅が眠っています。そんな廃駅の現況や歴史を、ご紹介したいと思います。

hossy

Author:hossy
廃駅ではありませんが、改称されて消え去った駅名も、取り上げたいと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR