(75) 鹿児島本線(貨物線) 外浜(貨)

そとはま
 門司港から延びていた外浜貨物線は、その先の北九州市田野浦公共臨港側線と共に、平成筑豊鉄道金田から分岐する三井鉱山のセメント輸送を担ってきていましたが、平成17(2005)年10月1日に休止、平成20(2008)年9月5日に廃止されました。しかし、門司港レトロ観光のブームに乗って、路線は復活しました。第2種鉄道事業者は平成筑豊鉄道、第3種鉄道事業者は北九州市の運営によります。
075外浜
訪問日2009-1-4
スポンサーサイト

(74) 日本鉄道(両毛線) 〔旧〕前橋

まえばし
 初代の前橋は、利根川の長大な架橋ができず西岸の石倉地区に、明治17(1884)年8月20日開業しました。そこは当時、前橋ではなく西群馬郡内藤分村だったため、 地元では“内藤分(ないとうぶん)停車場”と呼んでいました。現在、駅跡地から南東約60mの旧国道17号と両毛線交差点に、「内藤分ステーション跡」の記念碑があります。上越線と両毛線の分岐点から100m程直進したところに行き止まり式の駅があり、現在の両毛線上にはありませんでした。明治22(1889)年12月26日利根川に架橋され、前橋は現在地に移転しました。下の画像は、両毛線車内から記念碑を見たところです。
074旧前橋_1

074旧前橋_2
訪問日2009-3-22

(73) 武豊線 武豊港

たけとよみなと
 この地は元々、明治19(1886)年3月1日に開業した初代武豊があった所ですが、明治25(1892)年6月1日現在地に移転し放棄されました。しかし、昭和5(1930)年4月1日、1.0Kmの貨物線として復活し武豊港と称しました。廃止は昭和62(1987)年4月1日で、国鉄と運命を共にしました。大まかな由来の書かれた記念碑が、駅跡地に建っています。
073武豊港
訪問日2008-9-4

(72) 近江鉄道 本線 〔旧〕米原

まいばら
 以前はJR米原とは少し離れた位置にありましたが、平成19(2007)年6月8日に移転しました。営業キロの変更は伴っていません。以前の歴史を感じる本屋は跡形もありません。
072米原
訪問日2008-9-4
プロフィール
廃止路線だけでなく、現役路線の中にも人知れず廃駅が眠っています。そんな廃駅の現況や歴史を、ご紹介したいと思います。

hossy

Author:hossy
廃駅ではありませんが、改称されて消え去った駅名も、取り上げたいと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR