FC2ブログ

(171) 薬専校前 富岩鉄道

やくせんこうまえ
 富山ライトレールの前身富山港線が買収される前の富岩鉄道時代、昭和8(1933)年7月7日に、富山口~下奥井間に開業しました。富山起点 1k425の越原(こしわら)踏切に接した北側、線路の西側にホームがありました。民家の裏にごく僅かながら敷地が残っていますが、特に遺構などなく、列車に乗っていると気付かずに通り過ぎてしまいそうです。

薬専校とは、戦後の富山大学薬学部の前身、官立富山薬学専門学校のことです。当時の駅周辺は下宿などが多くあり、また駅の東方には大正製薬の工場がかつてあり、通勤・通学者の利用が多かったそうです。
 富山電気鉄道に合併されすぐに富山地方鉄道の一部になったものの、すぐに買収されて国有鉄道富山港線となりましたが、その昭和18(1943)年6月1日に廃止されました。

 今では工場も移転し、薬学部も富山医科薬科大学となり移転、跡地は住宅地になっています。
171薬専門校前
訪問日2003-8-15

スポンサーサイト



プロフィール
廃止路線だけでなく、現役路線の中にも人知れず廃駅が眠っています。そんな廃駅の現況や歴史を、ご紹介したいと思います。

hossy

Author:hossy
廃駅ではありませんが、改称されて消え去った駅名も、取り上げたいと思います。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR